オフジョブのデメリット

実務でそのまま使えるわけではない

オフジョブは一般的には外部講師を呼ぶなどして、実際の業務から離れた場所で外部研修や座学研修を行うことが一般的です。ビジネスの基礎や理論などを体系的に学ぶことが出来るのですが、そこで得た知識や経験が直接実務で役に立つものではありません。そのためオフジョブのみを実施しただけでは社員教育という点ではあまり意味がなく、オフジョブの後はそこで習得した知識や経験を実務に落とし込むための訓練も別途実施しなければなりません。社員教育の期間が長くなる可能性があるため、人員に余裕のある企業では問題なく実施できるかと思いますが、人員が少なく人材教育に時間をかけられない企業では実施が難しくなってしまうデメリットがあります。

研修費用が多くかかってしまう可能性が高い

オフジョブを実施するために外部講師を呼び、外部施設で研修などを行えば、当然そこには費用が発生します。自社にとって必要な研修内容や、どのような知識を持った外部講師が必要なのかという選択を誤ると、オフジョブに関わる費用はどんどん積み上がることになってしまいます。このため、社内の人材だけで社員教育をした場合と比べると、費用が大きくなってしまう可能性が高いこともデメリットだと言えます。企業にとって社員教育は重要な投資の一つとは言え、企業ごとに社員教育に投入できる資金には限度があります。オフジョブ実施による費用が、それによって得られる効果に見合っているのかという点を社内のオフジョブ担当者はしっかり見極めなければなりません。

© Copyright Employee Training Methods. All Rights Reserved.