オンジョブのデメリット

教育を指導者に依存してしまう

オンジョブは実戦形式で学べて仕事に対する理解力を付けながら社員を教育することができます。ただし、オンジョブでは指導者の力量によって学べるスキルに偏りが出てしまう可能性があります。指導者が業務に対する理解力が少なかった場合、学ぶ側の社員は仕事に対する能力を身に付けることができません。また、指導者は自身の業務を続けながら社員教育をすることもあります。そのため、指導者側の負担が増えてしまい、業務だけでなく指導自体にも影響が出かねません。教育を行う(受ける)時間が限られており、指導が限定的になることもあります。適正な人事配置を行うよう配慮しなくては、オンジョブによる教育が失敗してしまうため注意しましょう。

指導を行う人員の確保

オンジョブによる社員教育を行うためには、指導係を任命しなくてはいけません。現場で通用する社員を育成するためには、しっかりと知識や実績を持っており、指導者として相応しい人材を確保する必要があります。指導を行うのに適任な人材が育っていない場合、社員教育を行うことができません。能力的に問題がない人であっても時間的制約から指導係に回ることができない場合もあります。忙しい職場であれば指導者の人材確保は非常に難しく、社員同士や人事担当とよく相談しなくてはいけません。指導係を確保するためには、しっかりとオンジョブを企画する必要があります。計画的に行うことができたらオンジョブは即戦力確保に大いに役立ってくれるのです。

© Copyright Employee Training Methods. All Rights Reserved.