オフジョブのメリット

仕事に関わる知識を理論的で体系的に習得できる

オフジョブは外部講師による講義や、研修などを通じて社員教育を行います。外部の専門家による指導を社員に受けさせることによって、社員に対して仕事に関わる基礎的な知識や理論を体系的に身に着けさせることが出来ます。実践的な経験や知識習得が可能なものではありませんが、仕事をするための土台となる知識を身に着けさせることで、その後の実践的な指導の効果を上げることが期待できます。また、社内人材による指導では、先輩社員の指導能力によって、新入社員への教育効果にばらつきが出てしまうことがありますが、外部の専門家からの指導であれば常に一定の水準の教育を受けさせることが出来るというのもオフジョブのメリットだと言えます。

人手に余裕がない場合でも一定の水準の教育ができる

オフジョブは外部講師に指導を依頼するため、社員教育をするために社内人材を割く必要が少なくなります。社内人材だけでの指導では、人手が十分にない場合は、どうしても新人教育がおろそかになってしまうことがあります。本来教えなければならないことを教えていないままの状態で新人社員を現場に投入してしまえば、思わぬミスにつながりかねず、企業にとって痛手となります。また、新人社員も自分への指導がおろそかにされていると感じてしまえば仕事に対してのモチベーションも上がりにくくなってしまいます。オフジョブであれば人手が足りない場合でも、仕事に関する土台を身に着けさせることが出来るため、その後の実践指導の効果が発揮されやすくなります。

多くの方が学校を卒業後新入社員として、会社に入社する際に一番最初にこなす会社の制度といえば新人研修です。その制度の中で新入社員達は、社会人としてのマナー等について学ぶので、どの会社も必須の制度です。

© Copyright Employee Training Methods. All Rights Reserved.