社員教育を行うとき、どんな教育を行って速やかに戦力として育てるべきか悩んでしまいます。ここでは、社員教育に関するいろいろな条件や側面についてお伝えしていきます。皆さんの社員教育選びに少しでも役に立てたらと思います。

オンジョブ(オン・ザ・ジョブ・トレーニング)の場合

オンジョブのメリット

オンジョブのデメリット

オンジョブ項目の選び方

オフジョブ(オフ・ザ・ジョブ・トレーニング)の場合

職場で得られる経験や教育だけでは大きくは育ちません。そんなとき、オフジョブを選択することがあると思います。ここでは、オフジョブのメリットやデメリット、また、得られる経験などをお伝えしていきたいと思います。オフジョブ探しの参考にしてくださいね。

社員教育で従業員の知識や技能をレベルアップ

社員教育とは企業が従業者に対して行う教育のことで、業務に求められる知識や技能を事前に身につけさせておくための研修です。

オフジョブの選び方

e-ラーニングなら手の空いた時間にスキルアップができる

社員教育のオフジョブの方法には実に様々なものがありますが、パソコンを使って業務の待機時間や休憩時間など、都合の良いタイミングで学習ができるeラーニングは、業種によらず多くの企業で採用されています。特に、語学やIT、接遇マナーなどの営業職や事務職に役立つスキルを習得できるeラーニングの教材は、導入コストを安く抑えられるものも少なくなく、社員教育に最適なツールとして位置づけられることがあります。最近では、多種多様な職種に対応できる法人向けのeラーニングの教材も続々と登場しています。そこで、オフジョブを有意義に行ううえで、一人ひとりの社員の年齢や勤続年数、役職などを考慮しながら、ベストな教材を探してみましょう。

社員に外部セミナーの参加を奨励するのも良い

オフジョブを中心とした社員教育を実施するにあたり、社員に外部セミナーの参加を奨励するという方法も検討してみると良いでしょう。特に、専門性の高い職種の社員が働きながらキャリア形成をするには、自社内での研修だけでなく、外部の研究機関や教育機関などで開催されるセミナーの機会を利用することも大切です。そのため、それぞれの社員に職場内で力を発揮させるうえで、外部セミナーに参加をする際の費用を会社が負担したり、資格取得に向けて様々な面でサポートをしたりすることもおすすめです。なお、外部セミナーに参加をした社員に対して、人事担当者や直属の上司がきちんとフォローアップを行うことで、社員教育の効果をより高めることも可能となります。

© Copyright Employee Training Methods. All Rights Reserved.